解析受託

細胞・微生物を用いた試験(in vitro試験の受託)

解析受託のご相談に何でもお答えします。

お問い合せ

解析業務

細胞・微生物・酵素を用いた美容・健康に関連する各種有効性評価(in vitro試験)、育毛・毛髪評価、角層細胞評価、レプリカによるキメ・シワ評価、各種画像解析・画像判定を行うことが出来ます。

解析項目 内容
皮膚水分量測定 皮膚水分量測定
論文作成(査読有り) 査読付きの雑誌に投稿するための論文作成費用。査読結果についても対応。
論文作成(簡易査読) 簡易査読付き雑誌に投稿するための論文作成費用
試験結果のプレゼンテーション(詳細) 試験背景、試験目的等も踏まえてスライドを作成し、試験結果について報告します。
試験結果のプレゼンテーション(データのみ) 提出した試験データ(エクセル)について、スライドを用いて結果の見方と解釈を報告します。試験の背景等についての説明は行いません。
解析受託(晋遊舎) 解析基本料金:30000円 単価:10000円。測定した数値データ(Excelファイル)を提出。
統計解析受託 数値データ(Excelファイル)を提出。
レプリカ解析(キメ) レプリカに対して、2次元レプリカ解析装置を用いて、キメ、またはシワの解析を行う。
コラーゲン試験 正常ヒト皮膚由来培養線維芽細胞(NB1細胞)のコラーゲン合成能をELISAキットを使用して定量評価する。
テープストリッピングを含まない角層の画像解析(ターンオーバー解析) テープで剥離された角層細胞をスライドガラスに転写、BG(ブリリアントグリーン)試薬で染色後、光学顕微鏡で撮像し、画像解析装置(WinRoof)で角層細胞面積、多重剥離率、有核細胞率を測定する。
ヒアルロン酸試験 正常ヒト皮膚由来培養線維芽細胞(NB1細胞)のヒアルロン酸合成能をELISAキットを使用して定量評価する。
2次元レプリカ解析(シワ)ガイドライン準拠 採取したレプリカに対して、2次元レプリカ解析装置を用いて抗シワガイドラインに基づくシワ解析を行う。
美白試験(DOPA試験) メラニンはチロシン(アミノ酸)が酵素(チロシナーゼ)によって生成されるので、B16メラノーマ細胞とDOPA試薬を用いて細胞内の酵素の働きを抑制する阻害剤としての効果を検証する。
美白試験(TI活性試験) メラニンはチロシン(アミノ酸)が酵素(チロシナーゼ)によって生成されるので、酵素の働きを抑制する阻害剤としての効果を比色定量で検証する。
アンチエイジング試験(βガラクトシダーゼ) 細胞老化キットを用いてβ-ガラクトシダーゼの染色による正常細胞(NB1細胞)の老化を評価することでアンチエイジング(抗老化)効果を検証する。
アンチエイジング試験(線虫) 線虫の野生株を用いて、その寿命に対する影響を評価することでアンチエイジング(抗老化)効果を検証する。
細胞賦活効果試験 正常ヒト皮膚由来培養線維芽細胞(NB1細胞)を用いて細胞賦活効果をMTT還元法により評価する。
細胞賦活試験(bFGF測定) NB1細胞の増殖因子である塩基性線維芽細胞(bFGF)について、bFGF測定ELISAキットを用いてbFGF生産の定量評価を行う。
皮膚水分量測定(生活環境下で測定) 生活環境下における効果を確認するために、通常の環境(温度・湿度を一定に保持する環境調整室を使用しない)で、6名の左右前腕に検体を塗布し、「前、5分後、1時間後、2時間後、4時間後、6時間後」の6回の皮膚水分量を測定した数値データ(Excelファイル)を提出。
皮膚水分量測定(生活環境下で測定) 生活環境下における効果を確認するために、通常の環境(温度・湿度を一定に保持する環境調整室を使用しない)で、6名の左右前腕に検体を塗布し、「前、5分後、30分後」の3回の皮膚水分量を測定した数値データ(Excelファイル)を提出。
皮脂量測定(生活環境下で測定) 生活環境下における効果を確認するために、通常の環境(温度・湿度を一定に保持する環境調整室を使用しない)で、6名の左右前腕に検体を塗布し、「前、5分後、30分後」の3回の皮脂量を測定した数値データ(Excelファイル)を提出。
皮膚水分量・皮脂量測定(生活環境下で測定) 生活環境下における効果を確認するために、通常の環境(温度・湿度を一定に保持する環境調整室を使用しない)で、6名の左右前腕に検体を塗布し、「前、5分後、30分後」の3回の皮膚水分量・皮脂量を測定した数値データ(Excelファイル)を提出。
デジタルマイクロスコープ撮影(生活環境下で測定) 生活環境下における効果を確認するために、通常の環境(温度・湿度を一定に保持する環境調整室を使用しない)で、6名の 指定の部位をデジタルマイクロスコープ(60倍)で撮影する。撮影生画像(jpegファイル)をデータ提出。
血液検体の遠心分離処理 委託された血液検体の遠心分離処理を行う。遠心処理後分注処理を行う。分注済みのスピッツは医療廃棄物として適切に処理する。
抗酸化試験(酸化ストレス耐性) 正常ヒト皮膚由来培養線維芽細胞(NB1細胞)ターシャリーブチルを暴露し、酸化ストレスに対する活性をMTT還元法により評価する。
抗酸化試験(DPPH試験) DPPH(ジフェニルピクリルヒドラジル)という酸化物質を抗酸化能を比色定量にて検証する。
抗菌試験 グラム陽性菌、グラム陰性菌、真菌に対する抗菌活性を評価する(Bacillus subtilis、Escherichia coli、Candida albicans)
血糖値低減試験(アミラーゼ阻害) デンプン(米等)は酵素(アミラーゼ)によって糖に変換されるので、酵素の働きを抑制する阻害剤としての効果を比色定量で検証する。
尿酸生成抑制試験(キサンチンオキシダーゼ) プリン体は酵素(キサンチンオキシダーゼ)によって尿酸に変換されるので、酵素の働きを抑制する阻害剤としての効果を比色定量で検証する。
腸管バリア機能(タイトジャンクション形成) タイトジャンクションを形成したヒト消化管上皮Caco-2細胞を用いることで腸管バリア機能について調べる。
※タイトジャンクション: 隣接する細胞同士が密着して結合している部分で、細胞間を物質が通り抜けることを防ぐ。

3次元レプリカ解析(シワ)ガイドライン準拠 採取したレプリカに対して、3次元レプリカ解析装置を用いて抗シワガイドラインに基づくシワ解析を行う。
スキンチェッカーで染色 スキンチェッカーで採取した角層細胞をBG(ブリリアントグリーン)試薬にて染色する。
歯磨き用消しゴムによる歯型模型を用いた人工プラークの除去能評価 歯科用歯型模型に着色人工ステインを塗布し、歯磨き用消しゴムによる歯垢(ステイン)の除去能を画像撮影及び画像解析によって評価する。
ポリカーボネート素材を用いた歯ブラシの研磨評価(対照品:一般歯ブラシ)(画像及び報告書込) 電動歯ブラシの研磨による歯茎への負担について、一般の歯ブラシによる手磨きを対照とし、ポリカーボネート素材のコンパクトディスク(CD)の記録面に対して研磨した際の該当部位について、摩擦係数及びデジタル画像撮影で評価する。
歯型模型を用いた人工プラークの除去能評価 歯科用歯型模型に着色人工ステインを塗布し、電動歯ブラシを始めとする口腔ケア製品による歯垢(ステイン)の除去能を画像撮影及び画像解析によって評価する。
トリコスキャン(毛髪診断装置) 毛髪診断装置(トリコスキャン)による毛髪撮影費用。
毛髪成長速度解析(WinRoof) 1日間、もしくは2日間の前後でマイクロスコープ(CCDカメラ)によって撮影された毛髪の長さを画像解析ソフト(WinRoof)を用いて測定し、伸長度合を成長速度(μm/day)として評価する。
毛髪径解析(WinRoof) マイクロスコープ(CCDカメラ)によって撮影された毛髪の太さ(毛髪径)を画像解析ソフト(WinRoof)を用いて測定する。
毛髪本数解析(WinRoof) マイクロスコープ(CCDカメラ)によって撮影された1cm四方の領域に存在する毛髪本数について、画像解析ソフト(WinRoof)を用いて測定する。
電子顕微鏡による画像撮影(SEM) 走査型電子顕微鏡(SEM)による画像撮影。
髪の毛摩擦測定 人毛由来の毛束、もしくは被験者の毛髪における櫛によるブラッシング時の抵抗値を摩擦力として測定する。
毛髪のツヤ 人毛由来の毛束、もしくは被験者の毛髪を画像撮影した際の光の反射をツヤとして評価する。
毛髪の引っ張り強度 人毛由来の毛束、もしくは被験者の毛髪について、両端を引っ張ることで破断するのに必要な力(N)を引っ張り強度として評価(任意の毛髪5本を測定して平均値を採用)
毛髪水分量解析 人毛由来の毛束、もしくは被験者の毛髪における水分量を赤外線水分計によって測定する。
薄毛面積測定 頭頂部等を撮像した画像に対して、画像解析ソフトを用い、地肌と認識出来る領域を面積化する。
シワグレード画像判定(Trained Expert) 抗シワガイドラインに基づいたシワグレードを熟練したスタッフ(Trained Expert)により判定する。
シワグレード画像判定(皮膚科医) 抗シワガイドラインに基づいたシワグレードを皮膚科医により判定する。
シワグレード画像判定(皮膚科専門医) 抗シワガイドラインに基づいたシワグレードを皮膚科専門医により判定する。
加齢臭測定 被験者が着用したTシャツに付着した加齢臭の成分分析費用。
医療用ソフトでの筋肉量の解析(医師による部位特定) 医療用画像(MRI、CT)を医療用画像解析ソフトを用いて、医師による特定の筋肉部位について定量解析する。
毛束準備(傷んだ状態を再現) コームを用いてキューティクルにダメージを与えて傷んだ髪を再現する。
測定風景画像 実験的な測定に関して、測定風景をハンディタイプのデジカメで簡易撮影する。
抜け毛本数解析 洗髪後の抜け毛本数計算
UVA測定 紫外線照射機及び照度計を用いて、一定の照射条件下で被験品について紫外線(UVA)のカット効果の検証を行う。
UVB測定 紫外線照射機及び照度計を用いて、一定の照射条件下で被験品について紫外線(UVB)のカット効果の検証を行う。
3Dハンディカラー画像 3Dハンディスキャナーによる撮像画像上に3D数値解析した数値を表示
クライアント指定条件でのダメージヘア作成 指定方法でのダメージヘア作成