美白効果(人工紫外線照射による美白作用)

紫外線を照射した際の炎症反応、またメラニン生成による色素沈着の抑制効果について検証する試験です。

被験者 被験者条件を満たす日本人男性
被験者数 10名
試験期間 約5週間
観察時期 スクリーニング(2日間)、塗布前、塗布1日後、塗布1週後、塗布2週後、塗布4週後
評価方法 色差計による肌色測定
デジタル写真撮影  
検体の必要量 塗布量×被験者12名分(契約被験者数10名+予備最大2名)
※塗布量=試験委託者様で設定する1回の塗布量×1日の塗布回数×試験期間28日間分
美白効果(人工紫外線照射による美白作用)テストの実行に関しては、お問い合わせから申込みください。