•  ≫ 
  •  ≫ 
  • 機器によるトレーニング効果・サポーター等の使用による筋肉への負担軽減効果の検証

機器によるトレーニング効果・サポーター等の使用による筋肉への負担軽減効果の検証

試験内容

サポーター等の使用による筋肉への負担軽減効果の検証を行うために群間試験を実施し、筋電計、被験品使用、トレッドミルによる運動負荷を行う。筋肉が収縮するとき電気的な信号を波形として測定し、筋肉を使用量と波形の振幅は相関するのでサポーター等の着用により筋肉をサポートしている場合には波形の振幅が小さく、トレーニング効果に相関して波形の振幅が大きくなることにより評価。

対象被験者 被験者数:6名(同意取得時の年齢が20歳以上49歳以下の日本人男性(内訳 グループ1:男性・年齢20歳以上49歳以下6名))
エントリー基準 ・同意取得時の年齢が20歳以上49歳以下の日本人男性
・トレッドミルで30分程度の歩行運動が可能な者
除外基準 ・被験品成分によりアレルギー症状を示す恐れのある者
・他の臨床試験に参加している者
・重篤な肝障害、腎障害、心疾患の既往歴のある者
・肝炎の既往、現病を有する者
・高度の貧血のある者
・アルコール依存症の者
被験者数 6人
試験期間(日数) 1日
観察時期 t1:運動1回目、ウォッシュアウト2時間、t2:運動2回目
評価項目
呼吸代謝測定評価機器  
トレッドミルによる運動負荷評価機器  
被験品使用   
筋電計評価機器  
料金 450,000円